恋愛って女が有利すぎじゃね?男ばかり苦労してどこが男女平等だ!?

恋愛・結婚

こんにちは!杉間馬男です。

 

画面の前のあなたは、

「恋愛って、圧倒的に女が有利じゃないか!?」

って思ったことはないでしょうか?

 

そう思ってるからココに来たんだよ!

とツッコまれそうなんですが(汗)

 

私もかつてはそう思っていましたし、今でも考え方にその名残りはあります。

 

今回はそういう人へ向けた内容になりますが、ネット上で調査した結果やはり同じ考えを持つ人は多かったです!

それもそのはず、根拠になることが学術的にも裏付けられていましたからね。

 

そーだよ!!誰もが男女不平等だと思ってるってことだよ!

 

そう叫びたくもなりますが、実は女性にも大変なところがあったんです。

この記事ではそれを合わせてお伝えして、少しでもスッキリして頂けたら嬉しいです!

 

恋愛の世界では女性が圧倒的有利!?ネット上の意見!

それでは早速、恋愛の世界における女性の有利さについて、ネット上の意見を聞いてみました。

 

 

早速、メチャクチャ共感しました!

恋愛初期では常に男だけが動いているし、いざ失敗すると女子ネットワークで瞬く間に広がり、そのコミュニティに居づらくなる・・・

校内/社内恋愛するには相当なメンタルが必要ですね(^^;

 

 

そうですね。

約束の時間を守れる女性は、私の経験からしても少ないですね。

そんでもって、男性側が注意したりするとヘソを曲げる…

ホント、小学校の歴史で習った治外法権・関税自主権みたいですね。。

 

 

たしかに!

今や”女尊男卑”というぐらい男性は女性に譲っている光景をよく見ます。
それも、エスコートの域をはるかに超えるぐらい。

男性は女性のことを理解しないとモテないけれど、女性は別に男性のことを理解しなくても勝手に出会いは向こうからやってくる。

そういう背景があるからに違いないでしょう。

 

 

 

私は恋活・婚活中、いつも思っていました。

杉間馬男
杉間馬男
【女性】ってだけでステータスになるなぁ

と。

ただ、身長による有利不利がないのは初耳でした。

個人的には背の高い女性はタイプではないんですが、世間一般ではそうでもないんですね。

それが現実なら、ますます女性は努力しなくなりそうです。

 

 

そうですね。

このあとの体験談でも紹介していくんですが、女性は出会いに有利なだけに男性に対する扱いが雑になりがち(怒

私の時代はYahoo!パートナーとかいわゆる”出会い系”の時代で、今やマッチングアプリですが、ツールが変わっても常識のない人はどこ行っても一緒ということですね。

 

どうでしょ??

1つか2つほど共感したものがあったのではないでしょうか?

 

『女は得だ!』と感じた私の腹立つ体験記

そしたら今度は、私の実例を紹介します。

『ホンッット女って得だよな…』と感じた生々しい体験記です。

 

ヤフパでの切り方が腹立つ!

私が恋活・婚活中に最もよく利用していたYahoo!パートナー(通称:ヤフパ)。

最終的に妻とはそこで知り合うことになったんですが、それまででイヤな思いをしたことも少なくありませんでした…。

 

私のテキストを買っていただいた方はお分かりと思いますが、プロフィールやファーストコンタクトメールを研究しまくって、完成度を最大限に引き上げました。

その結果、感覚的に改善前の3倍ぐらいの返事をもらえるようにはなったんですが、それでもやっぱり100%にはならず、切られる時は切られるんですよ(泣

 

そのうちの一例。

とある女性に渾身のメールを送った時、ヤフパの定型文メールで

メールありがとうございます。よろしければ、あなたのお顔見たいです。
女性
女性

みたいな感じのが素っ気なくポンと送られてきたんです。

 

当時のヤフパには定型メールというサービスがあって、無料プランでもそれだけなら相手に送ることができるシステムでした。

定型メールは予め用意された数種類のメッセージの中から選んで送るもので、当然それだけでは会うまでの会話は成り立ちませんが、自分で文章を作らなくても良くてボタン一つで送られますから手軽なんです。

 

自分は渾身のファーストコンタクトメールを出したのに、相手は定型メールでボタン一つ。

その時点でも『んっ!?』と思ったんですが、まぁ反応があっただけでも…と思ってここはひとつグッとこらえました。

 

そして、相手の要望通り写真を送ったら・・・

またまた簡単な定型メールで

ごめんなさい。あなたに良いご縁があることを祈っています。
女性
女性

と。

 

そりゃ、見た目がタイプじゃなくてフるのは分かるけど、こっちはしっかりした文章送ってるのにたったの2クリックで処理されたって考えたら、心の奥底からドロドロしたものが湧き出てきましたね。。

 

一度ネカマにもなったことがあるのですが、女性として登録すると早ければ数十秒で男性からアプローチが来ます

だから、全部のメールに手打ちで返事するのはほぼ不可能なことは知っていて致し方ないんですが、やっぱり男としてはね・・・

そういう明らかに女性だけが優遇されてる様子に頭に来たわけです。

 

こんな対応されるんだったら、まだ最初から知らん顔されてたほうがマシだったとも考えたりしました。

 

興味のない年上女性にまでフラレた

続いては、とある大所帯合コンでの話。

表向きは合コンだけど、雰囲気はお見合いパーティーに近い感じで、席が男女2対2か3対3ぐらいになっていて時間を前半と後半とに分けて席移動し、男性が自分の行きたい席に移動する形式でした。

 

そして1回目の席ででしたかね、男女2対2で相手の女性はハタチになったばかりだという超若い娘と31歳の女性。

当時28歳だったので、相手が30歳を超えていると”オバチャン”だと感じたので31歳女性には興味が湧かず、ぶっちゃけ外見もタイプではない人でした。

一方、ハタチのほうは逆に『俺には興味ないだろうな』と思っていて、実際話を振ってもほとんど食いつかれた手ごたえを感じませんでした。

そしてそのグループでの歓談時間が終わって席を離れる時、他のグループと同じように男女で連絡先交換をするんですが、ハタチのほうは最初から無理だと決め込んでいたので自分は声をかけませんでした。

だけど、何の収穫もないまま終わるのも嫌だったので、仕方なしに31歳のオバチャンに声をかけたんです。

当時はまだ赤外線通信だった頃で、赤外線で受信した側にしか連絡先が回らず、”交換”するためにはお互いに送り合わないといけませんでした。

 

それで、そのオバチャンに

 

杉間馬男
杉間馬男
連絡先交換しましょうか!

と言ったら、

 

(私が)受けます。
女性
女性

とだけ言って、そのまま自分が送信しただけで終わりました。

それでその時すぐに気付きました。

『これはフられたな…。この女、絶対メールして来ないだろう…』

と。

 

このテのフり方は、すでに知り合いの前例を知ってたのです。

 

杉間馬男
杉間馬男
(こいつ!!せっかく俺が声かけてやったのに…上手いフり方知ってやがるな・・・)

 

オバチャンのくせして、おそらく波風立たない断り方を知っていたんでしょう。

そして考えてみれば、このオバチャンでさえ男を蹴るぐらい出会いがあるってことだから、その時にも改めていかに女性の出会いのハードルが低いことを思い知りました。

 

そして、もっと気に食わなかったのが、システム的にも女性が優遇されていたこと。

この大所帯合コンは、男性からのみ500円徴収し、女性は無料だったからです。

 

杉間馬男
杉間馬男
どんだけ女有利なんだよ!!

 

その時、自己紹介ページで話したサツキにフラレて間もない頃で、とにかく新たな出会いを探そうと躍起になっていました。
だから、その時はそういうシステムはどうでも良かったのですが、落ち着いて考えてみると女性をひいきにし過ぎだと思いました。

 

その合コンは、終了間際に気になった異性の胸元に提げられた番号を投票して幹事が一斉に集め、解散するときに投票用紙が相手に渡るシステムで、この合コン史上一度だけそれがキッカケでカップルが成立したことがあると言ってました。
そして、その投票タイムで幹事が言ってたんですが、

 

毎度のことなんですが、(投票用紙書くのが)男性は遅いですね。
その分、女性はパッパッとやってくれるんですが…

とのこと。

その時は何を意味しているのか分かりませんでしたが、後から気がつきました。

 

女性の大半は、白紙で投票している

 

と。

そりゃそうですわな。

ドリンク1杯と軽食が出るイベントにタダで参加できて、女にしてみりゃ良いカフェタイムですよ。

ビビッとくる男が居たらその人と繋がるだろうし、そういう男が居なくても何ら損はないですからね。

 

おそらく、そのオバチャンもタダカフェ目的で来てて、出会いなんか二の次だったんでしょう。

しかし、女性を優遇しすぎたらこういうところでも男性にシワ寄せが来るんですよね・・・

 

女性が得だと裏付ける根拠もあった!

犬太郎
犬太郎
これだけ同意見が多いと、何かそれっぽい根拠がありそうだな…

 

ハイ!そのとーり!!

学術的に女性が有利なことを裏付けるデータがありました!!

 

このグラフを見てみてください!

 

(出典:クラブ・マリッジ)

 

これは男性と女性が知り合った時を起点に、時間と共に気持ちの盛り上がり方を表したものです。

 

我々男性は・・・

好意のスタートダッシュと言っていいくらい知り合うや否や女性のことを気に入ってしまいます。

 

反面、女性は・・・

相手のことを好きになるまでに時間がかかります。

 

そしてそれも千差万別で知り合ったばかりの男性を好きになる女性もいますが、彼女たちはほぼイケメン好きと言って間違いないでしょう。

しかし、大半の女性は男性ほど異性の見た目を重視しません。

もちろん見た目も大事ですが、見た目だけで簡単になびく女性は少ないのです。

だからこそ、女性は男性を好きになるまでに時間がかかる。

 

だから、性風○でも男性用ばかりで女性用は存在しませんよね?

それぐらい、男性はすぐに女性の異性としての魅力にコテッとやられてしまうんです。

 

となると、やはりすぐに好きになってしまった男性は女性に近づき口説こうとする。

見た目が平均以上の女性は、何人もの男性からアプローチを受けるわけです。

逆に男性が女性に告白されるなんて話はめったに聞きませんよね。。

女性が男性を好きになる以前に男性が女性を好きになっているから。

 

このカラクリを知らない人からすれば、

女は告白を待つだけで良いから、恋愛では苦労しないんだろうな…

と思うわけです。

 

実は女性も大変!

話はうって変わって、今度は女性の大変さに目を向けてみようと思います。

これまで、恋愛の世界では女性ばかりが優遇されているような様子をお伝えしてきましたが、実は、それは条件付きであり、なおかつ期間限定でした。

 

犬太郎
犬太郎
具体的にどうなるの?

 

ネットから意見を聞いてみましょう!

 

 

 

『美人は3日で飽きる』

とも言われるように、見た目はスタートダッシュが利く分、持久力がありません。
つまりは、見た目だけで腹が満たされることは有り得ず、そこに男女差もないということ。

最終的にその恋愛を長続きさせるためには、男女とも中身が備わってないとダメなんです。

 

 

この意見も一理ありますね!

さっきの見た目の話の続きにもなりますが、恋愛の世界で女性はセミのようなイメージで、たったひと夏シャンシャンミンミン鳴きまくって生涯を閉じます。

たま~に悪い表現のしかたで【賞味期限】って言葉が使われることもあるんですが、まさにその通りだと思います。
そしてその【賞味期限】とやらが過ぎた女性たちは・・・

どうなるか、想像に難くないでしょう。

 

 

『恋愛は女が有利!』というのはある意味正しいですが、それはあくまで初期の話。
それが冒頭で話した”期間限定”の正体です。

だから、若い頃は見た目が良くて何もしなくても男性が言い寄ってくる女性が調子に乗り続けていると、いざ見た目に老いがきた時に何も残ってなくて誰からも相手にされなくなります。

 

そして、女性にとって見た目は命であり、女性はその部分で女性同士の格差が大きく、カワイイorキレイな女性はさることながら、見た目が平均以上の女性であれば一定数の男性は近づいてきます。

しかし、そうではない女性は・・・

 

もちろん、待っているだけでは出会いはありません。

男性と同じように自分から行動しなくちゃいけなくなりますが、いざ行動しても見た目を重視する男性からはほとんど相手にされません。
そういう意味からすれば、男性よりもシビアな環境だと言えるでしょう。

外見が平均に満たない女性でも普通に恋愛したり結婚したりしますが、彼女たちは外見に代わる魅力があり、そのインパクトも相当強いものです。

もし、外見に代わる魅力のインパクトすらイマイチだとしたら・・・

目を覆いたくなるような末路が待っています。

 

そんな感じで恋愛について、長い目で見れば女性も苦労することが多く、結局どっちがトクだというのはないと思います。

 

どうでしょ??

この事実を知って気が済みましたかね?

 

まとめ

以上、

【恋愛って女が有利すぎじゃね?男ばかり苦労してどこが男女平等だ!?】

と題してお伝えしてきました。

 

そして、題目と同じ意見を持つ男性は多かったです。

私自身も現役の婚活生だった頃は女性が優遇される環境も多く、かつイベントに参加するだけで異性が言い寄ってくる事実を目の当たりにしてきました。

だから、【女性は受け身でも出会いがたくさんある】面での有利さは感じていて、それは多くの男性が同意見でした。

 

それもそのはず、男性と女性とでは相手を好きになるまでの時間に大きな差があって、女性が男性のことを好きになる前に男性が女性を好きになってしまう。
そしたら、どうしても男性のほうがガマンできなくなって女性に近づく。

だから、女性は待っているだけで良いんです。

 

だけど、そういうカラクリが成り立つのは、

  • 若いうちだけ
  • 平均以上の見た目の女性限定

という条件付きで、そのうちの1つでも欠けると女性の特権は剥奪されます。

 

特に女性は外見による格差が大きく、その点が男性と大きく異なります。

その分男性は、ブサイクがイケメンを差し置いて美女を連れて歩いている姿をよく見かけます。

女性は男性を単に上辺(見た目)だけで判断せず本質を見てくるので、好きになるまでに時間がかかります。
だからこそ、外見の魅力を持たない男性もたくさんチャンスがあるということなんです。

 

そして、男性は年齢を重ねるごとに魅力が増すというのも聞いたことはないでしょうか?
※もちろん、何もしなくてそうなるわけではないですが。

事実、私も20代よりも30代のほうが男女関係の面で充実しています。

なので、男性に【賞味期限】はありません!

 

努力をすればアドバンテージは上がっていく。
その点で、男性の恋愛は生きている以上無期限に楽しめるということなんです。

 

若いうちは女性のほうが有利なことが多いですが、結局それも期間限定・条件付きなので全ての女性にアドバンテージが与えられるわけではない。

ということを考えれば、我々は男性に生まれてきて良かったのかも知れませんよ。

『変わり者は恋愛できない』価値観を打破せよ!!

わたくし杉間馬男は小さい頃に先生からこう言われました。
「情ッけない・・・」と。

そこから【自分=情けないダメ男】という図式を30代手前まで持っていました。

イジメ、仲間はずれ、ひどい失恋、メンタルダウン

全部経験しました。

自分は恋愛する資格がないと、20代前半ぐらいまではそんな呪縛があったんです。

そして、30代のある日

【自閉症スペクトラム障がい(アスペルガー症候群)】
と診断され、それまでなぜ自分は恋愛などあらゆる人間関係でつまずきまくっていたのか
明らかになりました。

そんな私がなぜリア充並みの恋愛経験を経て、
結婚後も、子供を持ってからも、ほぼストレスフリーで亭主関白
になれたのか?

これは、偶然ではなく必然でした

当ブログや私のnote(こちらよりどうぞ)には、必然的に今の私になるための非リア男の魅力、非リア男が得意な出会いの場、
亭主関白になる秘訣など、記事にして公開しています。

しかし、それを読んだだけだとなかなか結果に結びつかない場合もあると思います。

そこで、非リアにも通用するようなマニュアルが必要だ!と思い立ち、国内初の

【非リア、変わり者専用の恋愛マニュアル】
を生み出しました!

マニュアルは非リア・変わり者に適した以下のコンテンツで構成されています。

 

コンテンツ内容
  • これがすべての土台!
    あなたが自信を取り戻す方法
  • 恋活・婚活に絶対必要な前準備
  • 人間関係弱者にしか身に付かない魅力
  • 人間関係弱者が成功しやすい出会いの場と戦略
  • スムーズに結婚に移行するためにすべきこと
  • 結婚後、尻に敷かれないために…

 

私のマニュアルは恋愛だけに絞っていません!

さらにその先を見据えた行動全般を網羅しています。

 

ご興味のある方は、リンク先に詳細を書いていますのでぜひ!

タイトルとURLをコピーしました